読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラに埋もれて

二階堂くんと北斗くん

君に決めたっ~双眼鏡に出会うまで~

ジャニーズ

私の相棒双眼鏡くん

 

迷って迷って今年の1月に購入を決めた。

 

専門家でもないし全然知識もないけれど

そんな普通のジャニヲタが双眼鏡選びで実感したことと一年使って感じたことがもし誰かの参考になってくれたらなと

勝手で自己満!!つらつらします。

 

まず、わたしの相棒双眼鏡くんがこちら。

ででんっ。

 

 

本当は防振が買いたかったけどそんなお金の余裕もなかったし、ネットで見ても何がいいのか全く分からないし、

とりあえず全体的にわけわかめだったのですべてを店員さんに託すことにして店頭に駆け込んだ。

 

まず私が双眼鏡に求めるものはこの4つ!

 

  1. 三万円以内
  2. とにかくしっかり自担が見えること
  3. ドーム、劇場どちらでも使えること
  4. ペンラとうちわも持つので軽い方がいいこと

 

さぁ、と意気込んで駆け込んだのは新宿のヨドバシ。

ここすごいんだわ、まずフロア別とかじゃなくてカメラ類だけで一棟あって、1Fの店頭入口に双眼鏡がずらーーーーっとならんでる。

商品数すごいけどなにがなんだか分からんし、この売り場に女子大学生がいる違和感を感じつうろうろしてたら優しそうなおじさん(店員さん)が声をかけてくれて。そのおじさんとてもいい人でこんな若造に双眼鏡の基本的なあれこれをたくさん教えてくれた。

 

双眼鏡の基本三点!!!

  • 倍率が低い方が画面が明るい。
  • 倍率が低い方が手ブレしない。
  • レンズの直径が大きいほど画面が明るい。

 

要するに、倍率が高ければいいというものではないのだ。

さて、レンズが大きいものは1万は超えてくるし大きさも大きくなってくる。

ニコンキャノンビクセンペンタックス…色んな会社が色んな種類のを出してるからあとは自分の用途に合わせて購入を決める。

 

何の巡り合わせか、そのおじさんがまさかのジャニヲタの旦那さん兼お父さんだった。それまではジャニヲタを隠そうとしていたけどここからは何を隠そう、ジャニヲタ全開。ジャニヲタに理解がある人が双眼鏡をアドバイスしてくれるなんてなんたる機会、、、奥さん娘さんありがとう、、!!!(固い握手)

もう私は全てをおじさんに託すことにした。

 

おじさんによると、やっぱりドームと劇場なら8倍か10倍が無難らしい。

 

新宿ヨドバシの何がいいって、実際に屋外の遠くの景色を見れること。100m先とか200m先とかドームの天井とメンステの距離で実際に見てみることができる。

 

200mくらい先かな?小田急の屋上にたまたま人がいたからその人をズーーーム。当たり前だけど今までの3000円程度の双眼鏡とは世界が違う、違いすぎた。あんなくすんだ世界でわたしはなにを見ていたんだ!!!!!という感じ。そして

…想像以上に対象物の大きさは8倍も10倍も変わらない……。意外だった。今までは10倍を使ってたから10倍で考えてたけど8倍もありかもしれないと思い始めた。

しかも明るいんだわ…やっぱり暗い劇場、ドームで明るい視界は本当に肝心。明るさに関しては10倍も防振も見させてもらったけど8倍がダントツに明るかった。

 

あとやっぱり8倍はほぼ手ブレしない、全く気にならない。

 

対象物は普通に見えるし、より明るくて手ブレしなくて、より安い、、、

 

…8倍が想像以上に

 

強い。強かった。

 

 

そして実際に見比べて上記の要素意外に重視すべき!と思った点は二点!!

 

  1. 軽さ
  2. 握りやすさ

 

3時間のコンサートずっと持ち続けてるのだから、たかが3分くらいでつらいと感じるようではあかん。実際この一年軽くてよかったと何度も思ってきたからこれは本当に大事。まして、ペンラやうちわ、メモを持つなら尚更。

 

意外と大事だったのが握りやすさ!!!重さの話同様やっぱり長時間より快適に過ごせる物の方がいい。重さは腕の負担を左右するし、握りやすさは手首とか指とかの負担を左右する気がしてる。

わたしはしっかり握れて手首の自由がきくように、真ん中が開いている双眼鏡を選んだのだけど、これ、片手で持てるしブレないしで本当におすすめ!!!!!

親指と中指がくっつくようにしっかりとにぎれるから片手でも全然大丈夫。

 

 

長時間、ペンラ振りたい、メモとりたい、片手で持ちたい!

 

こんな人には全力で持ちやすさを重視することをお勧めする。

 

 

そんなこんなでジャニヲタおじさん(ジャニヲタではない)が自分の奥さんと娘さんにも勧めたという双眼鏡を私も購入した。実際、見やすさ扱いやすさコスパにおいて私にとってもこれが一番だった。

 

帝劇、EXシアター、ドーム…色んなところに連れて行った感想としては、帝劇までの規模は申し分なし!前の方だろうが後ろの方だろうがもう完璧!

ドームの一階スタンドも全然大丈夫!!!

 

ドームの天井は、ん〜〜やっぱり欲を言うともっと近くで見たい、という感じ。顔だって見えるしダンスは全然見えるけど、もっと表情見たいよ〜〜わたしの自担のかわいい笑顔をもっとちゃんと見たい〜〜って感じ。

 

でも、

悔しかったからさらなる視界を求めて10倍か防振を買おうとこの前お店に行ったんだけど!!!!!

ところがどっこい、いざまた見比べたら8倍の明るさと10倍や防振の明るさの差がすごくて、8倍のあの鮮やかさを手にしてしまうと明るさを落とそうという気にならなかったんだわ…。うちの子が一番だったと再確認してしまった。親バカである。

本音を言うと防振とそう変わらないって本気で思ってる。超親バカである。

 

 

 

つらつらと書いてしまったけど、実際に手で持って見てみることが一番かな〜〜と個人的には思う。見るのは無料だしね!

 

 

 

 

 

 

ヲタクのみなさん、野鳥の会がんばりましょう〜〜!!!